ブログ

ちょっと変わったメニューを満喫 | 生ハム渋谷

2017.12.26
こんにちは、生ハム渋谷店PR担当です。

年末年始は、忘年会に新年会と、イベントが目白押しで体も中々休めずお疲れの方も多いのではないでしょうか。

そんなときは気の置けない友人と気を使わないのんびりした飲み会を開くと、身も心もリフレッシュできますよね。

ご友人とのほっこりゆったりした飲み会を開かれるのでしたら、ぜひ生ハム渋谷店にお越しください。明るく賑やかな店内で、楽しくお話すればきっと元気になれるはずです。

そして気晴らしにはおいしいお酒とおいしいおつまみはマストです。当店はスペインとイタリアのおいしいメニューを各種取り揃えたバルでございます。ちょっと変わった名前のメニューを頼んで、メニューの話題で盛り上がるもよし、料理のおいしさでテンションも上がり、リフレッシュいただけるのではないでしょうか。

 

中身は開けてからのお楽しみ




ナスのミルフィーユ、パータブリック包み オーブン焼き

パータブリックとは薄いクレープのような皮のことで、フランス料理の食材として知られます。食感は春巻きの皮に似ていますが、米粉でできている春巻きの皮に対して、パータブリックは小麦粉でできており、クレープのように肉や野菜を包んで召し上がっていただく料理です。

柔らかく仕上げたナスのミルフィーユと、パリパリに揚がったパータブリックの食感の違いをお楽しみください。

 

くるくるらせんの見た目が楽しい




ネジネジパターテフリット チーズ風味

パターテはポテト、フリットはフライ、つまりポテトフライですが、このクルクルのカットの見た目が楽しくて、お友だち同士の話題ももりあがりそうですね。

トッピングのチーズの風味もよく、ポテトを食べる手が止まらなくなるおいしさです。

 

クレシェンティーナを覚えてください




極薄のパルマ産 生ハムとクレシェンティーナ

イタリアでは生ハムにはクレシェンティーナがつきものです。それは生ハムには欠かせないイタリアの揚げパン風の食べ物です。

パンのように食べたり、おやつにしたり、生ハムを乗せて食べたりと食べ方はいろいろ、まさにパンのように主役にも脇役にもなる食べ物です。

ぜひ当店の生ハムとともにお楽しみください。

 

当店は渋谷駅徒歩2分!駅チカなので会社帰りなどにもおすすめです。

当店自慢の生ハムは、オーダーを頂いてから原木から切り出す新鮮な生ハム。じっくり熟成された絶品生ハムは薄すぎず厚すぎない絶妙な厚みで提供いたします。

最大60名様まで収容可能です。大型スクリーン、プロジェクターなどの映像設備・スピーカー・マイクなどの音響設備も完備しておりますので大人数の宴会やパーティとしてご利用できます。

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-7302-3501

以上、生ハム渋谷店PR担当でした!

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

生ハム渋谷店のご案内-渋谷バル-

生ハム渋谷店

住所 東京都渋谷区道玄坂1-10-7 五島育英会ビルB1
電話番号 050-7302-3501
営業時間 月〜土 18:00〜23:00
定休日 日曜日
アクセス JR 渋谷駅 徒歩4分
京王井の頭線 渋谷駅 徒歩2分
地下鉄 渋谷駅 徒歩4分